かんばやしの里  ガイド

綾部市を代表するアウトドア体験型行楽ゾーン

  上林(かんばやし)地域は、発掘された石器などから、古くは縄文時代から人々が暮らしていたと推測されています。

  昔から「上林谷は七里ある。」と言われてきました。国道27号線の山家(やまが)から府道1号線が福井県まで通じています。上林街道と呼ばれ、細長く伸びる谷に沿って、上林川が悠然と流れ、その豊かな水の恵みにより、美しい田園が広がっています。

  上林街道沿いには、集落が点在しています。昔は、口上林村、中上林村、奥上林村と三つの村でしたが、綾部市と合併し、現在は綾部市郊外のアウトドア体験型行楽ゾーンとして、人気が高まっています。

かんばやしの里と言えば、あやべ温泉と二王公園

  その中心が「あやべ温泉」と「二王公園」です。綾部市を代表する観光集積地域です。二王公園では、パターゴルフ、グランドゴルフ、テニスコートなどのスポーツ施設。野外バーベキューも楽しめます。遊歩道を散策すれば、光明寺と国宝二王門があり、秋には美しい紅葉を楽しめます。温泉でゆっくり汗を流し、レストランで食事。そして、二王館で宿泊。日帰り行楽でも、宿泊してゆったり行楽でも、楽しみ方はいろいろ。

ぜひ体験してほしい農家民宿

宿泊といえば、かんばやしの里には、「農家民宿」が点在しています。その名の通り、農家で田舎料理を食べ、近くの野山や川で遊び、農業体験や山菜採りや散策を農家の人に案内してもらえる宿泊プランです。それぞれの民宿によって宿泊プランは異なります。都会のホテルでは味わえない「里山」をたっぷり体感できるでしょう。

お祭りやイベントが大好きなかんばやしの里

  かんばやしの里はとにかくお祭り好き!年中行事がたくさんあります。魚つかみが子供たちに大人気の「口上林川まつり」、屋台や神輿が上林街道を練り歩く「壹鞍神社秋の大祭」、幻想的な光のイベント「夏あかり」と 「冬あかり」、初夏の夜に舞うホタルを鑑賞する「ほたるの夕べ」、里山の道を走り抜ける「あやべ二王門登山レース」、サイクリングファンにはたまらない「里山サイクリングin綾部」、たくさんの人でにぎわう「建田のこんぴらさん」などなど。

家族で楽しめる登山道や散策道。古寺巡りもおススメ!!

  かんばやしの里には、君尾山、弥仙山、頭巾山、シデの山などの登山道、犬越峠やほたるロードなどの散策道があちこちにあります。また、樹齢2000年、京都府一の巨木、大トチの木や弁天の滝、大岩の滝など、自然の見どころも点在しています。さらに、かんばやしの里には、古い歴史あるお寺や神社がたくさんあります。地図を片手に、古寺巡りを楽しんでみてはいかがですか?

鮎釣りのポイントがいっぱい

  上林川といえば鮎。鮎の季節には釣り客が訪れています。上林川に沿ってあちこちに鮎釣りのポイントがあります。鮎釣りの券を購入し、ぜひ友釣りを楽しんでみては?

里山体験のミニイベント企画も

   黒谷和紙工芸の里では、紙漉き体験ができます。また「子ども農山漁村交流プロジェクト」では、ツリークライミング体験、川遊び、滝壺遊び体験、石窯ピザ体験、農林漁業体験、かんばやし太鼓体験、そば打ち体験、野草料理体験など、様々な里山体験企画を提供しています。

「水源の里」での散策や交流

  かんばやしの里を流れている上林川は由良川の上流に位置し、美しい渓流があちこちに流れています。それらの集落は過疎化が進み、「水源の里」として市から指定を受け、地域振興が図られています。それぞれ、地元の特産品開発をしたり、都会の人たちとの交流イベントを開催したりして、地域の活性化に努力しています。ぜひ、「水源の里」を訪れ、地域の方たちと交流を深めてください。

鮎料理や山菜料理、手打ちそばに舌鼓

   かんばやしの里には古くからの地元の料理屋さんが数店舗あり、季節の鮎料理やかに料理、地元ならではの食材を使った料理を提供しています。また、手打ちそばの店も数店営業しています。自家製そばの栽培からそば打ちまでこだわった店など、ぜひ訪れてみては?

上林街道に点在するオシャレなカフェ

   ひなびた過疎地だと思ったらびっくり!上林街道を車で走っていると、古民家カフェとかドッグランもある郊外型カフェ、お手紙カフェ、無農薬食材カフェなど、個性的なカフェが点在。里山の景観を楽しみながら、美味しいコーヒーも楽しめます。喫茶店巡りも楽しみのひとつです。

バーやカラオケ居酒屋も

   泊りがけで里山体験する人なら、夜のお酒のお店も。ピザが自慢のバー、演歌歌手が経営しているカラオケ居酒屋など、楽しい店も。近い距離なら送迎の相談にも応じてくれます。

お問い合わせ

TEL: 0773-21-4117

FAX: 0773-46-9796