メールマガジンをはじめました

かんばやし里山新聞ではこれからのイベント予定ををより早く多くの方に知っていただくために、メールマガジンを始めました。

発行は不定期で

かんばやし地域で開かれるイベント

かんばやしのお店のイベントや新着情報

かんばやしに住む人が出店、出演するイベント

など、かんばやしの情報をお伝えします。

かんばやしファンの皆さま、ぜひご登録ください。(登録無料)

登録したのにメールが届かない方は

メールアドレスが間違っていないか。

迷惑メールフォルダに振り分けられていないか。

拒否設定になっていないか。

をご確認ください。

 

登録の仕方がわからない方は、かんばやしさとやま新聞、下田までご連絡ください。

かんばやし里山新聞Facebook

かんばやし里山新聞ではFacebookを使って上林地域のイベント情報や話題を発信しています。

「かんばやし里山新聞」で検索するか、下のボタンから飛んでください。

かんばやしの里

  京都府北部、舞鶴市の南に隣接する綾部市。その東側に長く広がる上林地区は、小さな山々が連なり、上林川が中央を悠然と流れ下っています。上林川には鮎が泳ぎ、ホタルが舞います。

 豊かな緑と豊かな水源に恵まれたこの地は、昔から人々が田畑を耕し、自然の恵みいっぱい受けながら、幸せに暮らしてきました。

 森には、シカ・サル・イノシシ・タヌキ・キツネ・リスなどの野生の動物や様々な野鳥やきのこが。川や田んぼにはメダカやカエルやどじょうやフナが。

  そう。日本人のだれもが持っている心のふるさとのイメージ。DNAに刻まれた里山の情景が今も色濃く残っている地域なのです。

 かんばやし里山新聞は、この愛すべき里山かんばやしの自然を守り、過疎化して弱っていくふるさとを元気にしたいと創刊しました。

 「かんばやしの里」に来てみませんか?自然に包まれて、自然と遊びませんか?里の人たちと交流しませんか?そして高齢化で弱っていく「かんばやしの里」をいっしょに元気にしてください。

かんばやし里山新聞は…

  •   「かんばやしの里」の豊かな自然とそこに住む人々の暮らしを生き生きと伝えていきます。
  • 祭り、イベント、行楽情報、グルメ、特産品、宿泊情報など、「かんばやしの里」の楽しみ方を伝えていきます。
  •   高齢化、若者の流出、そして少子化。美しい自然に恵まれながらも、過疎化で弱っていく「かんばやしの里」を元気にしていく道を探っていきます。
  •   経済中心で走り抜けてきた日本。その都会的価値観の対極にある里山的な生き方に憧れ、移り住む人たちが増えています。里山から日本という国のあり方をいっしょに考えていきます。
  •  「農産物縁組み」(都会の家族と田舎の家族を農産物を通して交流を図る仕組み)などを提案し、「見物」ではなく、里山の「心の住人」を募っていきます。